1番分かりやすいプランで選べば実はオトク。2000円以下で始める格安SIM

わかりやすい料金プランってどんなの?

吹き出し会話お困りくん""
お困りくん

博士がよく言っている「わかりやすい料金設定」って何?

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

「初めて乗り換える場合でも迷いにくい」プラン設定のことなんじゃよ。

格安SIM会社では、通話+データ通信のプランと、データ通信のみのプランを掲示している会社があります。

また、もう1種類増えて、SMS(ショートメッセージ)+データ通信のプランがある場合もあります。

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

SMSって、電話番号で短いメッセージをやりとりするんでしょ?じゃ、通話は?

「SMS付きのプラン」とある場合は、電話番号はもらえますが、通話はできずメッセージのやりとりのみに使うんです。

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

お困りくん、この中から入りたいプランを選んでみてくだされ。

容量 通話+データ通信 SMS+データ通信 データ通信のみ
1GB 1,260 630 480
2GB 1,380 920 770
3GB 1,500 1,000 850
5GB 1,910 1,360 1,210
7GB 2,560 2,010 1,860
10GB 2,890 2,340 2,190
15GB 3,980 3,430 3,280

※通話料は別にかかります。

吹き出し会話お困りくん"
お困りくん

え??? うーん…。

SIMの種類が3つあるので、それをどれにするか悩みますよね。

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

容量も迷うね。1GBは安いけれど、足りないかもしれないし。2GB?やっぱり3GB?

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

では、こちらの会社のプランだったらどうじゃな?

容量 通話+データ通信
2GB 1,980円
6GB 2,980円
14GB 4,980円

※プランに応じた無料通話が含まれています。

吹き出し会話お困りくん""
お困りくん

あ!分かりやすい!!

料金プランが少ないので、選びやすいですよね。

3つの中から、データ量を選ぶだけでOKなんです。

電話を全くしない方はいないと思いますので、このように通話ができるプランで、その中に無料通話も含まれているのは、分かりやすいですよね。

このプラン設定は、UQモバイルワイモバイルが採用しています。

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

選びやすいプランなんじゃよ。

UQモバイルとワイモバイル

2社の料金設定は同じですが、無料通話が異なっています。

詳しく見ていきましょう。

UQモバイル

UQモバイルは、

・1回5分までのかけ放題(おしゃべりプラン)

・無料通話付き(ぴったりプラン)

どちらかを選べます。

無料通話分は、2GBのプラン:60分、6GBのプラン:90分、14GBのプラン:120分がついています。

ワイモバイルイメージ

ワイモバイルは、

・1回10分までのかけ放題

が付いています。

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

5分よりは10分がお得だよね。でも、無料通話も魅力的だなあ。

QUモバイルは、かけ放題のプランと無料通話のプランを簡単に変更することができるんです。

通話プランの面では、UQモバイルの方が使い勝手がいいと思いますよ。

期間限定の割引料金

ただ、1つ注意が必要なのは、UQモバイルもワイモバイルも、この料金は1年間の限定プライスだということなんです。

容量 1~13ヶ月目まで 14ヶ月以降
2GB 1,980円 2,980円
6GB 2,980円 3,980円
14GB 4,980円 5,980円

※プランに応じた無料通話が含まれています。

2年目(14ヶ月以降)は、各プランとも1,000円増えるんです。

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

値上がりするの?

いえいえ、これは、値上がりするという訳ではなく、1年目が大幅に割引きされているんです。

本来の料金プランは、2GB:3,980円6GB:5,980円14GB:6,980円なんですよ。

それが1年目(13ヶ月目まで)は2つの割引が適用されます。

1年目の割引

・「スマトク割/長期利用割引」1,000円

・「イチキュッパ割(13ヶ月間)」1,000円

それで、月々2,000円安くなっているんです。

2年目(14ヶ月以降)は、割引が1種類になるので、1年目よりも1,000円高くなりますが、本来の料金よりも、まだ安いんですよ。

UQモバイルもワイモバイルも同じです。

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

公式サイトだと、ここが分かりにくい所かもしれないぞよ。

無料通話分が凄すぎる

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

あれ?もしかして、かけ放題とか無料通話の分って、かなりお得になってる?

そうなんです。

無料通話は、2GBのプランで最大2,400円分6GBのプランで最大4,800円分14GBのプランで最大7,200円分含まれているんです。

わかりやすく表にしてみると、

容量 1~13ヶ月目まで 14ヶ月以降 無料通話分
2GB 1,980円 2,980円 2,400円分
6GB 2,980円 3,980円 4,800円分
14GB 4,980円 5,980円 7,200円分

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

うわっ! お得だー!!

料金設定分のほとんどを、無料通話分で占めているかのようですよね。

契約期間?

吹き出し会話お困りくん
お困りくん

でも、2年過ぎると割引がなくなっちゃうんでしょ?

吹き出し会話SIM博士
SIM博士/

その頃は更新時期なので、このまま使い続けるかを考えるといいぞよ。

とてもお得なプランなのですが、2年間の契約期間があるのです。

これを「キャリアと同じ2年縛り」と言う方もいるんですよ。

でも、2年間の契約期間があるからこそ、こんなにお得な料金なのだと思うんです。

私たちが「2年縛り」と言っているのは、毎月の料金が高額で、解約しようとすると違約金をとられるので、「縛り」という言い方をしているんですよね。

安くて快適に使えるのでしたら、2年どころか何年も使い続けますよね。

QUモバイルやワイモバイルで、2年たって、「割引がなくなっても快適だから使い続けたい」と思えば、そのまま更新すればいいですし、もっと安くていい格安SIM会社があれば、そこに乗り換えてもいいと思います。

お困りくん

自分に合った会社に乗り換えやすいのも、格安SIMのメリット(いい点)だね。

格安SIMに乗り換える前から、2年後のことを考えるのはおかしいかもしれませんが、料金や契約期間は大切なので、考慮に入れながら乗り換え先を決めてくださいね。

吹き出し会話SIM博士
SIM博士

2年の契約期間があるが、速度も速く、サポートも手厚いので、お勧めするぞよ。

じゃあ、「UQモバイルとワイモバイルってどっちがいいの?」と思う方もいるかもしれませんね。

同じような2社に、意外な違いがあるのを、別の記事にまとめましたので、読んで頂ければと思います。

今までのスマホ代よりも、安くなるだけでなく、どんどん快適に使えるようになっている格安SIM。

あなたに合った会社を選んでくださいね。

【超まとめ】UQモバイルを使ってみた評価|乗り換え方法と注意点は?

もうデメリットなんかナイ!進化した格安SIM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする