[APNの設定]初めてでも3分で完了! わかりやすいAPN設定の方法

今の電話番号のまま格安SIMへ乗り換えたい時は、MNPが必要です。

MNPを使って、乗り換える場合の、手続きの流れは、

こんな感じです。

詳しい説明は、こちらのページをお読みくださいね。

MNPは難しいものだと思い込んでいませんか?初めてで知らない言葉がたくさん出てきたら、不安になってしまいますよね。でも心配いりません。簡単な設定ばかりなんですよ。苦手意識がもしあれば、このイメージで攻略してしまいましょう。

上の4つのステップの中、緑色の「スマートフォンで設置する」では、APN設定をする必要があります。

APN設定もイメージをつかめば、わかりやすい

目に見えませんが、私たちの周りには、色々な種類の電波がたくさん飛び交っていて、その中に、通信(スマホの電波)があります。

通信各社によってその電波は異なっています。docomoの電波、auの電波、格安SIMのA社の電波などなど….。

その中から、新しく契約した「□○モバイル」の電波を正しく受信できるようにするのが、APN設定なんです。

新しくスマホを買うと、設定は不要

今回の乗り換えで、格安SIM会社(MVNO)から、スマホも一緒に買った方は、APN設定をする必要がありません。

すでに設定がされている状態で送られてきますので、そのままでOKです。

できれば、設定をしたくない方は、乗り換えと同時にスマホも新しくすることも考えてみてはいかがですか?

iPhoneとAndroidのAPN設定は、やり方が異なる

SIM博士

自分の使うスマホのやり方だけを読めばOKじゃよ。

APN設定は、iPhoneとAndroidでは全く違います

それぞれの方法をご説明していきますね。

iPhoneのAPN設定

SIM博士

iPhoneの設定は、インストールするだけじゃから簡単じゃ。

「APN構成プロファイル」というものを、iPhoneにインストールするだけです。

1分程度で、終わってしまいますよ。

あなたの契約した格安SIM会社(MVNO)のサイトにアクセスして、「APN構成プロファイル」のページを開きます。

該当するファイルのダウンロードボタンをクリックしてください。

iPhoneのインストールは、このようにします。

出典:DMMモバイルより

これだけで設定は完了です。

あっという間に終わってしまったのではないでしょうか?

Androidの設定

SIM博士

Androidは、ダウンロードせずにスマホでの設定だけでOKじゃ。

設定の流れは、

  1. 「設定」を開く
  2. 「その他の設定」を開く
  3. 「モバイルネットワーク」を開く
  4. 「データ通信を有効にする」にチェックを入れ「APN(アクセスポイント名)」を選択する
  5. メニューを選択して「新しいAPN」を選択もしくは、+ボタンを選択する
  6. APNの必要項目を入力する
  7. 作成したAPNを選択する

項目が多いので、難しそうに感じるかもしれませんが、やってみると簡単ですよ。

では、DMMモバイルを例にとって、ご説明していきます。

引用:DMMモバイル

※スマホの機種によって、名称が異なる場合があります。

SIMに同封されている説明書や、格安SIM会社(MVNO)のサイトで確認の上、設定してくださいね。

不安な場合は、サポートの方とチャットしながら設定してみてください。

項目が多そうに思えますが、2~3分程度あれば、終わる設定なので、安心してくださいね。

思ったよりも簡単だったAPN設定のまとめ

いかがでしたか?

難しいと思っていたAPN設定も、意外と簡単だったのではないでしょうか?

この後、切替えの設定をして、スマホが使用できるようになります。

MNPについては別記事にまとめてありますので、こちらからご覧くださいませ。

初めてでもわかりやすい MNP

【超まとめ】UQモバイルを使ってみた評価|乗り換え方法と注意点は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする